ホーム > 活動報告
日本の会計制度を考えよう!

日本公認会計士政治連盟
〒102-8264
東京都千代田区九段南4-4-1
公認会計士会館
電話:03-3515-1155

活動報告

平成30年4月16日(月)
公認会計士国会議員との意見交換会

アークヒルズクラブにおいて、公認会計士国会議員と政連役員の意見交換会が開催された。この日は7名全員にお集まりいただき、公認会計士制度をめぐる課題と対応について話し合った。公認会計士国会議員の皆さんからメッセージをいただきました。
● 古賀 篤衆議院議員(自民党、福岡3区、元総務(兼)内閣府大臣政務官)
 昨秋の衆議院選挙では、お陰様で当選することができ感謝申し上げます。現在、予算委員会及び内閣委員会、議院運営委員会等に所属し、国会対応に追われているところです。 党内では、企業会計小委員会において事務局長を仰せつかっており、武村議員とも協力し、協会の課題も踏まえ引き続き取り組んで参りますので、よろしくご指導をお願いいたします。
● 竹谷とし子参議院議員(公明党、東京都、参議院総務委員長)
 現在、参議院総務委員会委員長として経験を積ませていただいております。総務委員会は地方自治行財政を所管しておりますが、地方公会計につきましては、被災地の自治体を除き全国統一基準での財務諸表の作成・整備が進み、次はそれを如何に活用するかという段階になっています。総務省とも連携をとりながら、「会計」というものを国又は地方自治体の持続可能な発展に不可欠なものとして位置付けていきたいと考えています。
● 鷲尾英一郎衆議院議員(無所属、新潟2区、元農林水産大臣政務官)
 昨年の衆議院選挙では、無所属で立候補しましたが、温かいご支援をいただきありがとうございました。今まで会計士業界の話題が出ると監査の後ろ向きの話が多かったのですが、最近は話題が下火であり、協会執行部のご尽力を実感しているところです。常に制度の改善は求められますが、協会は会計士業界を引っ張っていっていただきたいと思っております。私も会計士業界の発展に協力して参ります。
● 若松謙維参議院議員(公明党、比例、法務委員会理事)
 現在、法務委員会の理事であり、去る4月の法務委員会の一般質疑で会社決算改革を取り上げました。日本の株主総会は、上場会社の7割が6月末の3日間に集中して開催され、投資家との対話が不十分との国内外機関投資家の声を反映して、日本は85日と短いことを訴え、アメリカの約124日並みに株主総会を1か月延ばす提案をしました。すぐに法改正に繋がるわけではありませんが、問題提起を続けることが重要であると考えております。
● 武村展英衆議院議員(自民党、滋賀3区、前内閣府大臣政務官)
 昨年は内閣府大臣政務官を担当させていただき、今年は自民党金融調査会企業会計に関する小委員会の事務局をさせていただいております。これから数年がローテーション制度の在り方等、公認会計士制度にとって大事な局面であると考えております。特に会計士の独立性、懐疑心の発揮と、クライアントを熟知するという相反する目的を同時達成するにはどういったことが必要なのかを掘り下げていかなければならないと思っております。
● 杉 久武参議院議員(公明党、大阪、元財務大臣政務官)
 地元大阪では初当選以後、公認会計士による囲む会を設立していただき、既に12回の勉強会を開催させていただき感謝申し上げます。会計士の実務から離れて6年近くになりますが、会計士業界の課題についても全力で取り組んでいきたいと考えております。現在、参議院の予算委員会と外交防衛委員会に所属しております。外交防衛委員会では国民の生命、財産を守るという国民の負託にお応えできるよう仕事をしていきたいと思います。
● 日吉雄太衆議院議員(立憲民主党、比例東海、衆議院文部科学委員会委員)
 いつもお世話になっております。本日の意見交換において気になったことは、監査法人のローテーション制度です。私の思っているところですが、これが導入されますと監査チームごとに移動してしまうのでないかと、むしろ効果でなく混乱になるのではと危惧するところです。国会では文部科学委員会に所属していますが、協会の学校法人委員会に所属していた経験も踏まえ文部科学行政に取り組んでいきたいと思っております。

平成30年4月12日(木)
「古川俊治国政報告会」に参加

 芝・東京プリンスホテルにおいて、古川俊治参議院議員の国政報告会が盛大に開催された。会場には、古川議員の地元である埼玉県岩槻の支援者をはじめ、ご出身である病院関係者及び医療関係の方々が多数出席され、古川議員の経歴の豊富さと人望が見受けられた。
 当政治連盟も森会長をはじめ地元の埼玉地方会からも多数の公認会計士が参加した。古川議員には公認会計士業界に非常に理解と関心を持っていただいており、党金融調査会企業会計小委員会に毎回ご出席をいただき、鋭い視点でご意見・ご指導をいただいている。
 古川議員は、「来年夏の参議院選挙を控えており、前回の獲得票数100万票を超える110万票の獲得を目指し頑張っていく」と力強く挨拶された。
 公認会計士業界の発展のためにも、豊富な知識と経験をお持ちの古川議員を埼玉地方会としてしっかりと応援して参ります。

平成30年4月7日(土)政治連盟沖縄地方会
衛藤征士郎衆議院議員と意見交換

 公認会計士制度振興国会議員連盟会長 衛藤征士郎衆議院議員(自民、大分2区、元衆議院副議長)と沖縄会役員4名との意見交換が沖縄会事務局(那覇市)で行われた。党本部の関係で衛藤代議士が沖縄県を訪問される機会を捉え、本年は2月の訪問に引き続き2回目の那覇での意見交換である。沖縄市在住の会員数や沖縄県内の諸問題(一括交付金等)や沖縄会が抱えている課題等について熱い意見交換があり、2月の意見交換会以上に代議士の沖縄に対する熱い思いに触れることができた。(写真左から、小池真由美幹事、有銘寛之副会長、衛藤代議士、田里友治会長、前野信哉監事)

平成30年4月4日(水)
武村展英議員と意見交換

 武村展英衆議院議員(自民党、滋賀3区、公認会計士)が来会され、関根協会会長、森政連会長、山田政連幹事長(協会副会長)、高濱政連副会長(協会副会長)と公認会計士業界をめぐる課題等について意見交換をした。
 武村議員は現在、自民党金融調査会企業会計に関する小委員会の事務局を担当されており、当政治連盟の活動及び協会の施策にご理解をいただいているところである。

平成30年4月4日(水)政治連盟埼玉地方会
「公認会計士による古川俊治後援会」第6回定期総会及び懇親会を開催

 大宮・東天紅において、「公認会計士による古川俊治後援会」第6回定期総会及び懇親会が開催された。関根愛子協会会長、鈴木政連副会長(協会副会長)、浅井万富政連副会長(東京会会長)、後援会の坂本隆信会長など公認会計士31名が参加した。古川俊治参議院議員(自民、埼玉、当選2回)は、現在は参議院財政金融委員会理事として大いに活躍されている。定期総会は、土屋文実男後援会幹事長の司会、坂本後援会長の議長の下、すべての議案が了承された。古川議員からの国政報告では、先月開催された自民党金融調査会企業会計に関する小委員会でテーマになっていた「ファームローテーションの問題」、「適正な監査報酬の問題」、「監査のAI化」などにつき小委員会においても的確なご意見をいただいているが、今後の方向性等についてご報告があった。また、懇親会では、人生100年に向け生涯現役を目指しお互い頑張っていきましょうとのお話もあった。
 古川議員は、来年夏の第25回参議院議員通常選挙を控えておられ、次回選挙では前回の得票数100万票を超すことを目標にされている。当後援会も古川議員の更なる活躍を期待し、今まで以上にご支援を行っていく所存ですので、地元在住の会員のご支援をお願いします。

平成30年4月3日(火)
古川元久議員と意見交換

 古川元久衆議院議員(希望の党、幹事長、愛知2区、当選8回)が来会され、関根協会会長、森政連会長と公認会計士をめぐる課題等について意見交換した。古川議員には、民主党時代から公認会計士制度の発展に大きな理解をいただいているところである。

平成30年3月22日(木)
「吉野正芳国政報告会」に参加

 麹町・ルポール麹町において、吉野正芳復興大臣の国政報告会が盛大に開催された。会場には、吉野復興大臣の選挙区である福島5区の支援者が120人、バス3台で駆けつけるなど吉野大臣への期待の大きさがうかがわれた。吉野大臣は早稲田大学在学時には日下部与一ゼミで監査論を勉強されており、後援会代表幹事の近野博会員をはじめ、公認会計士稲門会の方々も多数出席されていた。出席された国会議員の方からの吉野大臣への励ましのお言葉の中でも、長年務めていただいている公認会計士制度振興国会議員連盟事務局長について触れられる部分があるなど、公認会計士制度の発展のため多大なご尽力をいただいているところである。
 吉野議員からは、原発の廃炉を見る歳(100歳)まで、復興大臣としてはもちろんのこと、福島のため日本の再生のために精一杯頑張っていくとのご発言があった。

平成30年3月19日(月)政治連盟千葉地方会
「小林鷹之を囲む公認会計士の会」通常総会を開催

 「小林鷹之を囲む公認会計士の会」(牧野智成囲む会会長)第1回通常総会が千葉会事務所会議室にて開催された。千葉会会員の他、東京会からも多数の会員が出席した。活動報告、会計報告に続き、規約の一部改正案が承認された。
 平成29年10月の衆議院選挙3期目当選について囲む会に対し御礼をいただいた後、国政報告では、監査報告書の透明化、監査法人ローテーションなど、公認会計士監査における様々な課題について取り上げられ、小林議員の関心の高さがうかがわれた。
 また、現経済産業部会・部会長代理の立場から事業承継税制など税制改正についてお話をいただき、中小企業支援に特に力を入れていることをお話しいただいた。懇親会では参加者とプライベートのことなどもお話しでき、和やかな時間を過ごすことが出来た。前防衛大臣政務官の実績から海外の重要な会議に派遣されるなど、幅広く活躍される小林代議士を千葉地方会として強力に支援していく所存です。

平成30年3月14日(水)
「健政会朝食セミナー」に参加

 麹町・都市センターホテルにおいて、前参議院議員若林健太氏(公認会計士)の東京後援会である「健政会朝食セミナー」が開催された。森公高政連会長、鈴木昌治政連副会長(協会副会長)、柳澤義一政連副会長(協会副会長)など公認会計士10数名が参加した。
 セミナーの講演者、岸信夫衆議院議員(自民、山口2区、国会対策委員会副委員長、議院運営委員会理事)から混迷する国会の状況などが話された。若林元議員からは、地元長野での積極的な政治活動を通じ、人の大切さをひしひしと感じており、次期衆議院選挙に向けてぶれることなく頑張っており、ご理解とご支援を賜りたいとの挨拶があった。当政治連盟は公認会計士業界の充実のためにも若林元議員をしっかりと応援して参ります。

平成30年3月9日(金)政治連盟北海道地方会
「衆議院議員船橋利実感謝の集い」に参加

 札幌パークホテルにおいて、船橋利実衆議院議員(自民、比例北海道)の「感謝の集い」に、政治連盟北海道地方会の石川信行会長が参加した。船橋議員は北見市議、道議(5期)を経て平成24年初出馬、初当選。その後の選挙で落選されたが、平成29年10月の衆院選で国政復帰を果たされた。現在、厚生労働委員会に所属され、ご活躍中である。

平成30年3月6日(火)政治連盟近畿地方会
「おだち源幸を囲む公認会計士の会」を開催

 「おだち源幸を囲む公認会計士の会」第6回定時総会及び懇親会が開催され、公認会計士12名が出席した。定時総会では、この1年間の活動報告及び平成29年度収支報告、会長及び幹事長改選案、規約改定案が提案され、原案どおり承認された。このあと、尾立源幸氏から近況報告をいただくとともに、「国政復帰を目指して今後も政治活動を継続していくので応援賜りたい」との力強い決意表明をいただくことができた。
 また懇親会では、尾立源幸氏との意見交換を通じて、会員との懇親を更に深めることができた。囲む会として、公認会計士である尾立源幸氏を引き続き応援していく決意である。

平成30年3月3・4日政治連盟南九州地方会
「野田たけし新春のつどい」に参加

 司ロイヤルホテル(玉名市)と熊本ホテルキャッスル(熊本市)において「衆議院議員野田たけし新春のつどい」が開催され、「野田たけしを囲む公認会計士の会」から林田素行会長をはじめ計10名が参加した。熊本ホテルキャッスルでは大盛会となり約1,400名の出席者であった。多くの議員や関係団体、支援者から挨拶・激励の後、自民党税制調査会最高顧問の野田毅議員(熊本2区、当選16回)が登壇され、平成28年4月の熊本地震後の被災者支援、被災地復興の取組み、少子高齢化をにらんだ社会保障制度問題、地域農業や中小企業の生産性向上策、国際情勢など実に幅広い話題について国政報告を伺うことができた。このあと我々囲む会のメンバーにも親しくお声を掛けていただき、ひと時の懇談となった。

平成30年2月26日(月)政治連盟神奈川県会
「中西けんじを囲む公認会計士の会」を開催

 横浜、崎陽軒5階「マンダリン」において、参議院議員「中西けんじを囲む公認会計士の会第5回通常総会」が開催された。関根愛子協会会長、山田治彦幹事長、高品彰副会長(神奈川県会会長)、「中西けんじを囲む公認会計士の会」の中川隆之会長など公認会計士33名が参加した。中西健治参議院議員(自民、神奈川、JPモルガン証券出身、参議院法務委員会理事)は、現在は自民党法務部会長として大いに活躍されている。中西議員の国政報告では、成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正案の状況等について報告が行われた。懇親会では、山田幹事長の乾杯に始まり中西議員と交流を深めることができた。今後も中西議員をしっかりと応援するため、地元在住の会員のご支援をお願いします。

平成30年2月24日(土)政治連盟神奈川県会
「義家ひろゆき新春の集い」に参加

 レンブラントホテル厚木において、衆議院議員「義家ひろゆき新春の集い」が開催された。
 地元神奈川県会の高品彰会長(政治連盟副会長)をはじめ、「公認会計士による義家弘介後援会」から多数の会員が参加した。義家弘介衆議院議員(自民、神奈川16区)は、昨年7月に国会議員在職10周年を迎えられ、10月には衆議院議員3期目の当選を果たされている。今後も義家議員を応援して参りますので、厚木在住の会員をはじめ多くの会員のご支援をお願いします。

平成30年2月23日(金)政治連盟近畿地方会
「国会見学ツアー」を開催

 「杉ひさたけ参議院議員を囲む公認会計士の会」は、国会議事堂の見学ツアーを開催した。
 当日は、杉ひさたけ参議院議員と秘書の小神様に、直接ご案内いただき、通常の見学では入れないようなところも見せていただくなど、参加者一同、貴重な経験をすることができた。今回、東京ということもあり参加者は多くなかったが、参加者は杉議員とともに楽しいひと時を過ごすことができた。私どもは3か月に一度、杉議員の国会報告を拝聴し、著名な大学教授の講義を拝聴するなどの勉強会を開催している。この4年間、毎回、30名弱の会員にご参加いただき、杉議員との関係が強化されてきている。私どもは、来年夏の参議院議員通常選挙に向けて、より一層活発な活動を行っていきたいと考えております。
(近畿地方会 高濱 滋)

平成30年2月19日(月)政治連盟東海地方会
「参議院議員 藤川政人君を囲む会」に参加

 ナゴヤキャッスルホテルにおいて「藤川政人君を囲む会」が盛大に行われた。藤川議員は、総務大臣政務官、財政金融委員長をはじめ、現在は、内閣委員会筆頭理事、災害対策特別委員会委員、国際経済・外交に関する調査委員会委員の公務をこなし、また、自民党国会対策副委員長、愛知県連会長として地元愛知県の抱える諸問題にも取組まれている。また、藤川議員のご子息が公認会計士として活躍されていることから公認会計士制度に関しても理解を示されている。今後も、地元会員との意見交換の機会を作り支援体制を充実してまいります。

平成30年2月14日(水)
「2018片山さつき政経セミナー」に参加

 「2018片山さつき政経セミナー」がANAインターコンチネンタルホテルで開催され、森公高政連会長など多数の役員が出席した。片山さつき参議院議員は旧大蔵省出身で主計局主計官など女性初のポストを歴任。財務官僚として23年、国会で12年、立法政策35年の実績あるベテラン議員であり、自民党政調会長代理として全国を駆け巡っておられる。バレンタインデーのこの日、乃木坂46ふうの服装?で登場された片山議員から謝辞と今後の抱負についてご挨拶があった。また、この日のためにご用意された特別なチョコレートを頂戴し、救われた思いがしたセミナーであった。

平成30年2月8日(木)
村井英樹内閣府大臣政務官(金融庁担当)を表敬訪問

 内閣府大臣政務官(金融庁担当)村井英樹衆議院議員(自民、埼玉1区)を山田治彦幹事長が表敬訪問した。議員会館の事務所を訪ね、公認会計士の数、監査法人のローテーション問題、監査報告書の透明化、法定開示の一元化など、限られた時間ではあったが公認会計士業界を巡る諸課題について説明させていただいた。埼玉会の会員で設立された「村井英樹を囲む公認会計士の会」とともに今後も支援してまいりますので、地元会員のご協力をお願いします。

平成30年2月1日(木)政治連盟沖縄地方会
衛藤征士郎衆議院議員と意見交換

 公認会計士制度振興国会議員連盟会長 衛藤征士郎衆議院議員(自民、大分2区、元衆議院副議長)と沖縄会役員4名との意見交換が沖縄会事務局(那覇市)で行われた。党本部の関係で衛藤代議士が沖縄県を訪問される機会を捉え、那覇での意見交換を行ったものである。外交防衛問題をはじめ、県内の諸問題や沖縄会が抱える諸課題について意見交換し、代議士の沖縄に対する熱い思いと揺るぎない政治信条に触れることができた。

平成30年1月31日(水)政治連盟神奈川県会
「三原じゅん子さんを励ます会」に参加

 ロイヤルホテルヨコハマにおいて「三原じゅん子さんを励ます会」が開催された。当政治連盟山田治彦幹事長、神奈川県会高品彰会長をはじめ、「公認会計士による三原じゅん子後援会」の須田均会長など多数の役員が参加した。三原じゅん子参議院議員(自民、神奈川)は現在、参議院消費者問題に関する特別委員会委員長としてご活躍されている。引き続き支援してまいりますので、神奈川県会所属会員の皆様のご協力をお願いします。

平成30年1月27日(土)政治連盟近畿地方会
「高市早苗氏を囲む公認会計士の会」通常総会を開催

 「高市早苗を囲む公認会計士の会」第4回通常総会並びに懇親会がシェラトン都ホテル大阪にて開催され、公認会計士50名が出席した。高市早苗議員は、自由民主党所属の衆議院議員(奈良2区、当選8回、前総務大臣)で、現在は自民党でサイバーセキュリティ対策本部長に就任されている。総会では役員人事の承認及び平成29年度収支報告があった。また、高市議員の国政報告では、担当されているサイバーセキュリティに関連し、日本の技術者が少ないなか、サイバー攻撃に対する防御態勢の構築など、セキュリティ対策がいかに喫緊の課題であるかを語られた。 懇親会では、出席者全員が高市前総務大臣の温かいお人柄に触れることができ、ますます感慨深いものとなった。今後も支援の輪をひろげてまいりますので、ご支援ご協力をお願いします 。

平成30年1月23日(火)
日吉雄太(公認会計士)衆議院議員を表敬訪問

 公認会計士国会議員 日吉雄太衆議院議員(立憲、比例東海)を当政治連盟の山田治彦幹事長と北方宏樹副幹事長が表敬訪問した。日吉議員は有限責任監査法人トーマツ出身で、協会の学校法人委員会副委員長などを歴任され、会務運営に大変ご協力いただいた会員である。昨年10月の衆議院選挙初当選後、はじめての事務所訪問となる。衆議院第二議員会館3階321号室、飾り気のない落ち着いた部屋。今後のご活躍が期待されるところである。監査法人ローテーション問題、監査報告書の透明化など、公認会計士業界を取りまく諸課題について、時間の許す限り意見交換させていただいた。

平成30年1月22日(月)
衛藤征士郎衆議院議員「新春賀詞交歓会」に参加

 「衆議院議員衛藤征士郎君を囲む新春賀詞交歓会」がANAインターコンチネンタルホテル東京で開催された。当日は東京23区に4年ぶりの大雪警報が出された中ではあったが、多くの参加者で会場が埋まった。当政治連盟から森公高会長、山田治彦幹事長をはじめ多くの役員が参加した。  今回も各国大使の挨拶に続き、森政連会長が乾杯の音頭をとった。衛藤征士郎代議士(自民、大分2区、元衆議院副議長)は、公認会計士制度振興国会議員連盟の会長であり、自民党外交調査会長、税制調査会副会長として大いに活躍されている。

平成30年1月11日(木)
公明党東京本部「新春賀詞交歓会」に参加

 京王プラザホテルにおいて公明党東京本部「新春賀詞交歓会」が開催された。都議会議員、区議会議員、市町村長など大勢の方々で込み合うなか、森公高政連会長、前原一彦政連東京会会長が出席し、他士業団体の代表者とともに友好団体として壇上にて紹介された。広い会場のなか、竹谷とし子参議院議員(公認会計士、東京、参議院総務委員長)をはじめ、日本公認会計士懇話会所属の多くの議員にお会いすることができ、新年のご挨拶を交わすことができた。

〒102-8264 東京都千代田区九段南4-4-1 公認会計士会館
Copyright(C) Seiren All Right Reserved