ホーム > 活動報告
日本の会計制度を考えよう!

日本公認会計士政治連盟
〒102-8264
東京都千代田区九段南4-4-1
公認会計士会館
電話:03-3515-1155

活動報告

令和元年9月24日(火)
「公認会計士豊水会」を開催

 「公認会計士制度振興国会議員連盟」の会長である衛藤征士郎衆議院議員(大分2区)を支える会である「公認会計士豊水会」(黒田克司会長)がアルカディア市ヶ谷で開催され、48名の公認会計士が出席した。
 衛藤征士郎議員は、国会議員として 42年のキャリアがあり、現在は自由民主党の外交調査会長及び税制調査会副会長としてご尽力されている。
 国政報告では、九州・千葉での台風被災についての政府の対応、外交面では日韓関係と北方領土問題についてわかりやすく丁寧にご説明をいただいた。
 その後の懇親会では、各テーブルを回っていただき、参加した会員と終始和やかにご歓談され、とても有意義な時間を過ごすことができた。

令和元年9月19日(木)
「越智隆雄を囲む公認会計士の会」第1回通常総会を開催

 「越智隆雄を囲む公認会計士の会」第1回通常総会がアルカディア市ヶ谷で開催され、公認会計士25名が出席した。
 越智隆雄議員は、自民党所属の衆議院議員(選挙区 : 比例東京ブロック、当選4回)であり、現在、自民党財務金融部会長に就任している。
 総会では、事業活動報告、会計報告、役員選任が審議され、承認された。
 越智議員の国政報告では、過去に民間金融機関に勤められていた経歴や経験について説明が行われ、併せて、今後も党内大役への邁進を誓う旨の決意が述べられた。
 懇親会では、越智議員に各卓を回っていただき、有意義なお話をご披露いただいた。終始和やかな雰囲気の中、閉会した。

令和元年8月31日(土)南九州地方会
「野田たけしを囲む公認会計士の会」第6回通常総会を開催

 ホテル日航熊本において、「野田たけしを囲む公認会計士の会」第6回通常総会が開催され、政治連盟の森公高会長を始め会員等22名が出席した。
 総会では、林田素行会長の挨拶のあと事業活動報告及び会計報告があり承認された。また、幹事の定数増に係る規約改正案、次期役員候補(幹事2名増)の提案が行われ、承認された。
 野田毅議員はご挨拶で監査の品質向上に係る取組みについて触れられ、国政報告では、国内経済情勢、財政問題と社会保障制度、消費税の軽減税率導入の影響など会員の関心が高い事項について幅広くお話しをいただいた。
 懇親会は荒木幸介副会長の挨拶の後、森政連会長から囲む会設立時の貴重なお話があり、貞閑孝也南九州地方会会長による乾杯の発声で開始された。
 野田毅議員は最近懸念されている日韓関係など国際情勢について興味深いお話しをされ、各テーブルの会員と和やかに懇談し、質問にも気軽に応じられていた。最後は、本吉幸雄幹事による恒例の「ガンバロウコール」と、岩切英彦顧問による挨拶で盛況裡のうちに閉会となった。

令和元年8月30日、9月19日、9月25日
議員がご挨拶に来会されました

 近況についてお話をうかがうとともに、意見交換をおこないました。
●2019年8月30日
 宮本周司参議院議員(自民、比例①)
●2019年9月19日
 大岡敏孝衆議院議員(自民、滋賀1区)
●2019年9月25日
 山田美樹衆議院議員(自民、比例東京)

令和元年8月28日(水)
鷲尾英一郎衆議院議員が来会

 鷲尾英一郎衆議院議(自民・新潟2区・公認会計士)が公認会計士会館にご挨拶で来館された。
 鷲尾議員は、29歳で衆議院議員となった田中角栄氏の記録を破り、新潟県内最年少(28歳)で衆議院議員となり、現在5期連続で当選をはたしている。
 森政連会長と加藤幹事長との懇談では、地元新潟及び日本の社会について熱く語られた。その熱い思いを一冊にまとめた著書「鷲尾血風録」(幻冬舎)が今年6月に発行され、寄贈を受けた。
 政治連盟は、今後も鷲尾議員の熱意あふれる政治活動を支援してまいります。

令和元年8月22日(木)
夏の議員会館挨拶廻り

 2019年8月22日、今年も夏の議員会館挨拶廻りを実施した。4班に分かれて訪問を行った。本年10月16日に開催する政連パーティーのご案内を兼ねて挨拶廻りを行った。1班は森公高政連会長、手塚正彦協会会長、加藤達也幹事長、2班は柳澤義一副会長、小倉加奈子副会長、3班は武内清信副会長、海野正副幹事長、4班は峯岸芳幸副会長、佐藤裕紀副会長に分かれて行った。国会が閉会中であり、ほとんどの議員が地元とのことであったが2名の議員にお会いすることができ、協会の動向などについて報告させていただいた。

令和元年8月22日(木)
島村大参議院議員が来会

 島村大参議院議員(自民、神奈川、初当選(1,130,652票・全国1位))が来会され、手塚協会会長と意見交換をされた。島村大議員は現在、参議院厚生労働委員会理事であり、地元神奈川では「公認会計士による島村大後援会」が発足している。
 今後もより一層支援体制を充実してまいりたいと思いますので、地元会員の皆様のご協力をお願いします。

令和元年7月31日(水)
後藤茂之衆議院議員が来会

 後藤茂之衆議院議員(自民、長野4区、当選6回)が来会。
 令和初の国政選挙となった第25回参議院議員通常選挙の協力の御礼と、選挙結果報告及び総評の報告を受けた。
 また手塚協会会長、加藤政連幹事長と懇談し、今後の政治活動の抱負及び国会動向等について意見交換を行った。

令和元年7月31日(水)
武村展英・古賀篤両衆議院議員との意見交換

 衆議院第2議員会館において、武村展英衆議院議員(自民・滋賀1区・当選3回・公認会計士)及び古賀篤衆議院議員(自民・福岡3区・当選3回・会計士補)と意見交換を行った。
 当政連から森会長、加藤幹事長、そして日本公認会計士協会の手塚会長、小倉副会長が参加し、今後の国会動向や監査制度をめぐる課題等について幅広く話し合った。

令和元年7月8日(月)四国地方会
「衆議院塩崎恭久議員を囲む公認会計士の会」第3回定時総会を開催 

 松山の伊予鉄会館会議室において、政治連盟四国地方会の「塩崎恭久議員を囲む公認会計士の会」第3回定時総会を開催した。塩崎恭久衆議院議員は愛媛第1選挙区選出。現在自民党金融調査会長として、党において金融制度の改革を進めることに尽力されている。
 総会は、事業活動報告、収支決算及び今後の活動計画・収支予算について、報告と審議が行われ、満場一致で承認可決された。
 続いて、塩崎恭久議員から国政報告がなされ、日本の内外の課題等について貴重なお話をいただいた。
 懇親会では、塩崎恭久議員は参加者の各テーブルを回り和やかな雰囲気の中で歓談され、盛況裡に閉会となった。

令和元年6月13日(木)
第30回年次特別セミナー「衆議院議員衛藤征士郎を囲む会」に参加

 第30回年次特別セミナー「衆議院議員衛藤征士郎君を囲む会」が東京プリンスホテルにおいて開催された。自民党細田元総務会長(清和政策研究会会長)、二階俊博幹事長、岸田政調会長、岩谷防衛大臣等の挨拶に続き、衛藤征士郎衆議院議員(大分2区、当選12回、党外交調査会長)からご挨拶があった。その中で、米中・米朝間等で対話の方向がみられるものの、我が国周辺を取り巻く安全保障環境は最も予断を許さない状況等外交問題などについて話された。
 引き続き、森公高政連会長が乾杯を行った。当政治連盟からは東京地方会、埼玉地方会、千葉地方会及び神奈川県地方会から多くの会員が出席し、公認会計士制度振興国会議員連盟の会長である衛藤征士郎議員との懇親を深めた。

令和元年6月10日(月)
魚住裕一郎参議院議員と意見交換

 公明党魚住裕一郎参議院議員(比例、当選4回)が兵庫会を来会され、第25回参議院選挙の情勢、公認会計士を巡る課題などについて意見交換した。魚住裕一郎議員は、公明党「日本公認会計士懇話会」の会長であり機会あるごとに意見交換をさせていただいている。今後もより一層支援体制を充実してまいりたいと思いますので、会員の皆様のご協力をお願いします。

令和元年5月16日(木)
「若林けんた君を励ます会」に参加

 「若林けんた君を励ます会」が、東京・都市センターホテルにおいて開催された。若林元参議院議員(元外務大臣政務官、公認会計士)は、現在、選挙区である長野一区にて政治活動を精力的に行っておられ、自民党長野県連から次期衆議院総選挙の公認候補の前提となる第一選挙区支部長に選任され、政界への復帰を目指している。
 会場には若林元議員の政界復帰を期待されている議員の方々(衛藤征士郎元防衛庁長官、岸田文雄自民党政務調査会長、柴山昌彦文部科学大臣、世耕弘成経済産業大臣、細田博之前自民党総務会長など)が応援に駆けつけられた。当政治連盟からは森会長、山田幹事長、奥山相談役をはじめ多数の公認会計士が参加した。若林元議員から「いつでも政界に復帰できるよう頑張っていく」との力強い決意があった。

令和元年5月14日(火)
「わしお英一郎を育てる会」に参加

 5月14日(火)、「衆議院議員わしお英一郎を育てる会」が学士会館で開催された。鷲尾議員は一昨年の衆議院選挙では、新潟2区から敢えて無所属という立場で立候補し、5期目の当選を果たされたが、今年3月、国政の中心を担う自民党に入党された。
 会場には、菅義偉内閣官房長官、二階俊博自民党幹事長が応援に駆けつけられ、自民党入党に至る鷲尾議員の政治姿勢及び今後の活躍に対する期待について大いに語られた。
 森公高政連会長、関根愛子協会会長、山田治彦政連幹事長、鈴木政連副会長をはじめ多数の公認会計士が参加した。鷲尾議員は公認会計士国会議員(現在衆参7名)のお1人であり、公認会計士業界の発展のために活躍していただくことはもとより、選挙区の新潟、ひいては国民のため、国家のために自民党所属の議員として更なる活躍を願うところである。

令和元年5月13日(月)近畿地方会
「前参議院議員おだち源幸君を励ます集い」に参加

 5月13日(月)18:30より、ホテル阪急インターナショナル4階「紫苑」において「前参議院議員おだち源幸君を励ます集い」が約1,000名の出席者を集めて盛大に開催された。
 「おだち源幸を囲む公認会計士の会」及び「日本公認会計士政治連盟近畿地方会」からは70名が出席し、森公高政連会長も来賓として、東京より駆け付けた。また、伊吹文明衆議院議員、稲田朋美衆議院議員、太田房江参議院議員も来賓として臨席され、二階俊博衆議院議員(自由民主党幹事長)からはビデオメッセージが届けられた。  おだち源幸氏からは、今夏に向けての力強い決意表明があり、森政連会長の乾杯の挨拶により歓談に入った。歓談時には会場内を回られ出席者と精力的に意見交換されるなど、熱気に満ち溢れた決起集会であった。
 我々と同じ公認会計士であるおだち氏を応援することが公認会計士業界の発展には必要であると確信している。当政治連盟は、おだち源幸氏をなお一層応援していく決意である。

令和元年5月7日(火)
公認会計士国会議員との意見交換会

 公認会計士国会議員と政連役員の意見交換会が開催された。この日は7名全員にお集まりいただき、公認会計士制度をめぐる課題と対応について話し合い貴重なご意見をいただいた。

● 古賀 篤衆議院議員 (自民党、福岡3区、元総務(兼)内閣府大臣政務官)
 日頃から公認会計士の先生方には大変お世話になっております。また、一昨年の衆議院選挙ではお陰様で当選することができ感謝申し上げます。現在、予算委員会及び内閣委員会、議院運営委員会等に所属し、国会対応に追われているところです。党内においては金融調査会・企業会計小委員会において武村議員とも協力し、協会の課題も踏まえ引き続き取り組んで参りますので、よろしくご指導、ご支援をお願いいたします。

● 竹谷とし子参議院議員 (公明党、東京、前参議院総務委員長)
 現在、公明党公会計・行政評価委員会委員長として、地方公会計の活用の横展開に取組んでいます。被災地の自治体を除き全国統一基準での財務諸表の作成・整備が進み、次はそれを如何に活用するかという段階になっています。また、総務省とも連携をとりながら、「会計」が国又は地方自治体の持続可能な発展に不可欠なものとして位置付けていきたいと考えています。
 協会の様々な課題につきましても、超党派で、課題解決のため声をあげていきたいと思います。

● 鷲尾英一郎衆議院議員 (自民党、新潟2区、元農林水産大臣政務官)
 今年3月に自民党に入党致しました。本日は、会計士業界のタイムリーな話を聞く機会をいただき有り難く思っております。今まで会計士業界の話題が出ると監査の後ろ向きの話が多かったのですが、最近は話題が下火であり、協会執行部のご尽力を実感しているところです。常に制度の改善は求められますが、協会は会計士業界を引っ張っていっていただきたいと思っております。私も党派を超えて会計士業界の発展に協力していきたいと考えておりますので、よろしくお願いします。

● 武村展英衆議院議員 (自民党、滋賀3区、前内閣府大臣政務官)
 自民党金融調査会・企業会計小委員会では、古賀代議士とともに事務局を担当し、公認会計士制度改革に関する議論の取りまとめをしているところです。
 また、衆議院環境委員会、自民党環境部会で環境問題に取り組んでいます。このたび、優れた環境技術を持った企業の海外進出を支援する制度が極めて乏しいことから、こうした企業の支援をパッケージとして提案し、このたび党内の環境政策コンテストで優勝することができました。
 また、日本公認会計士協会が進めている会計教育に関連して、学生やビジネスマンのみならず、ビジネスと密接な関係の業務をしている省庁の職員が自ら簿記の資格を取得すること等を通じて、役所自身が会計知識を習得することの必要性を働きかけています。

平成31年4月25日(木)
「古川俊治国政報告会」に参加

 参議院古川俊治議員(埼玉・自民党・当選2回)の国政報告会が、芝・東京プリンスホテルにおいて本年も盛大に開催された。会場には、7月の参議院選挙を控え、古川議員の地元である埼玉県岩槻の支援者をはじめ、ご出身である病院関係者及び医療関係の方々が多数出席されていた。
 当政治連盟も森会長、山田幹事長をはじめ、小山日本公認会計士協会埼玉会会長、政連埼玉地方会蛭川会長、同佐久間幹事長、古川議員後援会土屋幹事長が参加した。古川議員は公認会計士業界に非常に理解と関心を持っていただいており、当政治連盟ニュース第445号でもご紹介したとおり、スーパーマンと呼ぶに相応しい豊富な知識と活発な活動力をお持ちの国会議員である。
 古川議員は挨拶の中で、今夏の参議院選挙に臨む意気込みを表明し、これからの更なる政治活動に頑張りたいと力強いお言葉を述べられた。
 当政治連盟は、公認会計士業界の発展のためにも豊富な知識と経験をお持ちの古川議員をしっかりと応援してまいります。

平成31年4月24日(水)東京地方会
「武見敬三議員による国政報告会・研修会」を開催

 「社会福祉法人の制度改革と公認会計士の役割について」をテーマに、武見敬三議員による国政報告会・研修会が公認会計士会館で開催された。
 会計監査を実施した全社会福祉法人に対して、監査導入の効果や課題を検証するために実施したアンケートの調査結果を中心にご説明があり、適切な会計処理と適正な計算書類の作成や、ガバナンス機能の強化等の観点からも、社会福祉法人における会計監査の実施が有用であるとの議員の考えもお話しいただいた。
 ご説明の後は、参加者から活発な質問もあり、議員から丁寧な回答があった。
 今後、7月の参議院議員選挙に向けて「武見敬三を囲む公認会計士の会」(会長:梶川 融)を中心に支援体制を更に強化していく所存である。

平成31年4月19日(金)
古川元久衆議院議員と意見交換

 古川元久衆議院議員(国民民主党、代表代行、愛知2区、当選8回)が来会され、森政連会長及び山田幹事長と公認会計士をめぐる課題等について意見交換した。古川議員には、民主党時代から公認会計士制度に大きな理解とご協力をいただいているところである。

平成31年4月11日(木)埼玉地方会
「公認会計士による古川俊治後援会」第7回定期総会及び懇親会を開催

 「公認会計士による古川俊治後援会」第7回定期総会及び懇親会が、大宮、東天紅において開催された。森政連会長、山田幹事長、鈴木政連副会長(協会副会長)、後援会の坂本隆信会長など公認会計士26名が参加した。古川俊治参議院議員(自民、埼玉、当選2回)は、現在は参議院財政金融委員会理事として大いに活躍されている。
 定期総会は、土屋文実男後援会幹事長の司会、坂本後援会長の議長の下、すべての議案が了承された。古川議員からの国政報告では、これからの医療制度改革と財政再建などの政策課題について報告があった。
 古川議員は、この夏の第25回参議院議員通常選挙を控えておられ、次回選挙では前回の得票数100万票を超すことを目標にされている。当後援会も古川議員の更なる活躍を期待し、今まで以上にご支援を行っていく所存ですので、地元在住の会員のご支援をお願いします。

平成31年4月5日(金)
「菅原一秀を囲む公認会計士の会」第3回通常総会及び懇親会を開催

 「菅原一秀を囲む公認会計士の会」第3回通常総会が、ニッキン第2ビル5階会議室で開催され、会員26名が出席した。
 菅原一秀議員は、自民党所属の衆議院議員(東京都第9区:当選6回)であり、財務副大臣を務められた経験を持ち、現在、衆議院議員運営委員会筆頭理事、自民党国会対策委員会筆頭副委員長等に就任している。
 総会は、囲む会の本橋清彦幹事長が会計報告等を務め、いずれの議案も滞りなく承認された。続いて行われた菅原議員の国政報告では、日本経済の現状と今後の課題について説明が行われ、これからの日本企業の成長には、公認会計士の協力が必要であり、引き続きご指導いただきたいとの依頼があった。
 国政報告後には、活発な質疑応答が行われ、盛況裡のうちに閉会した。

平成31年3月26日(火)
「武見敬三を囲む公認会計士の会」第2回通常総会及び懇親会を開催

 「武見敬三を囲む公認会計士の会」第2回通常総会が、アルカディア市ヶ谷4階「鳳凰」で開催され、会員及び準会員37名が出席した。
 武見敬三議員は、自民党所属の参議院議員であり、厚生労働副大臣を務められた経験を持つ。現在は、自民党国際保健戦略特別委員会委員長等に就任され、活躍している。
 総会は、囲む会の梶川融会長の挨拶に続いて、囲む会の清水俊宏事務局が会計報告等を務め、いずれの議案も滞りなく承認された。
 続いて、国政報告では、武見議員より2040年頃を展望した社会保障改革の新たな局面と課題、健康寿命延伸に向けた取組み、医療・介護・福祉サービスの生産性向上等についての説明が行われた。
 その後の懇親会では、武見議員が各テーブルを廻り終始和やかな雰囲気の中、出席者と懇談され、盛況裡のうちに閉会した。

平成31年3月20日(水)
小田原 潔衆議院議員が来会

 小田原潔衆議院議員(自民党・比例区東京・当選3回)が、公認会計士会館にご挨拶で来館された。小田原議員は、自民党金融調査会企業会計に関する小委員会の開催の際には、必ずご出席をいただき貴重なご意見を賜っている一人である。
 山田幹事長と昨今の政治、経済の状況などについて語り合い懇親を深めた。当政治連盟は、「小田原潔を囲む公認会計士の会」を設置しており、今後も小田原議員の政治活動を積極的に支援していく次第である。

平成31年3月16日(土)
「おだち源幸を囲む公認会計士の会」定時総会を開催

 平成31年3月16日、「おだち源幸を囲む公認会計士の会」第7回定時総会及び報告会並びに懇親会がKKRホテル大阪にて開催された。日本公認会計士政治連盟の森公高会長も激励に駆けつけ、100名を超える公認会計士が出席した。
 定時総会では、平成30年度の活動報告及び収支報告、平成31年度活動計画(案)及び役員改選(案)が提案され、原案どおりに承認された。
 このあと、おだち源幸氏から御礼及び近況報告をいただいた。おだち氏は「これまで公職(国会議員)復帰を目指して政治活動を継続してきたが、国政に向かう志は些かも衰えることなく益々熱く、引き続き応援を賜りたい」と、今夏に向けての決意を語られた。
 続いて開催された懇親会では、各テーブルすべてを回って意見交換され、会員との懇親、また会員相互の懇親も大いに深める機会となった。
 公認会計士であるおだち氏は「会計士の『誇り』と『自信』を取り戻す」を念頭に置き、日本のより良き発展のための制度改革を実現すべく決意されている。囲む会では、おだち源幸氏を引き続き応援することが公認会計士業界の発展に重要なことと考えており、今まで以上に応援していく決意である。

平成31年3月3日(日)
「野田たけし新春のつどい」に参加

 去る3月3日、熊本ホテルキャッスルと司ロイヤルホテル(玉名市)において「衆議院議員 野田たけし 新春のつどい」が開催され、「野田たけしを囲む公認会計士の会」から林田素行会長をはじめ南九州会の会員計9名が参加した。
 このうち、熊本ホテルキャッスルでは約1,300名参加の大盛会となったが、多くの議員や首長、関係団体、支援者から挨拶・激励が行われた後、自民党税制調査会最高顧問の野田毅議員(自民党、熊本2区、当選16回)が登壇し、米中を中心とした国際情勢や少子高齢化と社会保障制度の維持、消費税アップと軽減税率の導入、熊本地震後の復旧・復興と地方創生の取組みなど幅広くお話しされた。
 その後、野田議員は各テーブルを回られ、我々囲む会のメンバーにも親しくお声を掛けていただき、ひと時の懇談となった。

平成31年3月1日(金)
「西村康稔衆議院議員を囲む会」に参加

 3月1日、西村康稔(衆議院議員、自民党、兵庫9区)を囲む会が憲政記念館で開催され、関根愛子日本公認会計士協会会長と当政治連盟山田治彦幹事長が出席した。
 内閣官房副長官である西村議員は、安倍首相の側近として常に首相をサポートする重要な役職を担われている。挨拶では「安倍首相は諸外国のリーダーと固い信頼関係を築いている。内閣官房副長官として引き続き全力を注ぐ」との力強い決意が披露された。公認会計士政治連盟は、引き続き、西村議員を支援していく所存である。

平成31年2月21日(木)
健政会「朝食会セミナー」に参加

 都市センターホテルで健政会(若林健太前衆議院議員の東京後援会)による朝食会セミナーが開催され、森政連会長、山田幹事長ら多数の公認会計士が参加した。
 セミナー講師は、若林前議員と同じ地元の吉田博美参議院議員(自民党参議院幹事長・長野選挙区)で、昨今の政治情勢についての解説のあと、若林前議員の人柄に触れたエピソードを紹介し次回の総選挙に向けてエールを送った。その後、若林前議員本人から、直近の活動内容や去就について話があった。
 若林前議員は、昨年自民党長野県第一選挙区支部長に就任し、これからの活躍が期待されている公認会計士政治家であり、政治連盟では引き続き支援を続ける所存である。

平成31年2月19日(火)
「第65回小田原きよし政策勉強会」に参加

 ホテルルポール麹町で開催された小田原潔衆議院議員(自民党・比例東京・当3)の政策勉強会に、山田幹事長と一法師信武「小田原きよしを囲む公認会計士の会」会長が参加した。
 冒頭、小田原潔議員が挨拶と国政報告を行い、続いて元産経新聞政治部長、編集長などの経歴をもつ北村経夫参議院議員が、現在の政治情勢及び外交情勢解説を講演し、その後の質疑応答も活発に行われた。

平成31年2月14日(木)
公明党日本公認会計士懇話会に参加

 衆議院議員第一議員会館で公明党日本公認会計士懇話会(魚住裕一郎参議院議員=会長)と日本公認会計士協会及び日本公認会計士政治連盟の会合が開催され、関根協会会長、森政連会長、山田幹事長(協会副会長)が、懇話会所属の国会議員と懇談した。関根会長から、協会の現在の取組と課題についてひととおり説明のあった後、意見交換が行われ、行政手続にも監査まではいかずともAUPなど何らかの第三者によるチェックができないかといったことについて話題があがった。

平成31年2月13日(水)
鷲尾英一郎衆議院議員が来会

 鷲尾英一郎衆議院議員(無所属・新潟2区・公認会計士)が、公認会計士会館にご挨拶で来館された。
 鷲尾議員は森政連会長、山田幹事長と懇談し、ご自身の政治活動や地元新潟の状況などについて説明をされた。2冊目の書籍の執筆もご予定されているそうで、政治連盟は今後の鷲尾議員の熱意あふれる政治活動を更に支援していく。

平成31年2月9日(土)近畿地方会
「高市早苗氏を囲む公認会計士の会」第5回通常総会を開催

 「高市早苗を囲む公認会計士の会」第5回通常総会(及び国政報告)並びに懇親会がシェラトン都ホテル大阪にて開催され、公認会計士45名が出席した。
 高市早苗議員は、自由民主党所属の衆議院議員(奈良県2区:当選8回)で、現在は自民党で衆議院議院運営委員長を担当されている。
 総会では、当会の役員人事の承認及び平成30年度収支報告があった。その後、高市早苗議員から、ご本人の関心事であるサイバーセキュリティに関連した執筆の披露があり、セキュリティ対策がいかに喫緊の課題であるかという説明があった。
 続いて開催された懇親会では、高市議員が各テーブルすべてを回って積極的に意見交換などをすることで会員との懇親を深めた。また、会員相互も懇親を深める機会となった。

平成31年2月6日(水)神奈川地方会
「参議院議員三原じゅん子さんを励ます会・神奈川」に参加

 ロイヤルホールヨコハマにて、参議院議員三原じゅん子さんを励ます会・神奈川が開催され、「公認会計士による三原じゅん子後援会」の須田均会長、柴田叙男幹事長が出席した。神奈川地方会からは、高品彰会長、清水要吉名誉会長、猪鼻久義副会長が出席し、三原議員との交流を図った。
 会には菅義偉内閣官房長官をはじめ、多くの神奈川県内の国会議員、地方議会議員が駆けつけ、三原議員への激励の挨拶があった。三原議員(自民、神奈川県、当2)は、現在、参議院における消費者問題に関する特別委員会の理事を務められている。自由民主党では女性局局長に就いておられ、精力的な活動について報告があった。
 政治連盟では「公認会計士による三原じゅん子後援会」を平成28年に設立し、神奈川県会会員を中心に、三原じゅん子議員の活動を支援している。

平成31年2月5日(火)
若松かねしげ参議院議員が来会

 若松かねしげ参議院議員(公明党・比例・公認会計士)が、公認会計士会館に来館され、森政連会長と今国会の展望や今後の政治活動について懇談した。若松議員は国会議員としての活動を精力的にこなし、また、公認会計士としての知見を活かして国政改善に取り組まれている。
 政治連盟は、今後も選挙時の推薦などを通じて若松議員への支援を続けていく所存である。

平成31年1月22日(火)
Vision2020 第42回セミナー及び賀詞交歓会に参加

 甘利明衆議院議員(自民党・選挙対策委員長)が代表を務めるVision2020のセミナー及び賀詞交歓会に、森政連会長、山田幹事長、高品神奈川県会会長、須田会員(公認会計士による甘利明後援会会長)が参加した。
 前半部のセミナーでは甘利議員本人が登壇し、日本の知的財産に関する諸問題、とりわけ知財の中核を担う大学法人改革の話題に始まり、国際社会におけるデータ利用についての諸問題、データビジネスにおける競争などについて分かりやすい講演が行われた。後半部の賀詞交歓会は、ユーモラスな甘利議員の人柄があらわれたような穏やかな雰囲気の中、参加者同士や参加者と甘利議員が懇談した。

平成31年1月21日(月)
「衆議院議員衛藤征士郎君を囲む新春賀詞交歓会」に参加

 ANAインターコンチネンタルホテル東京にて「衆議院議員衛藤征士郎君を囲む新春賀詞交歓会」が開催され、森政連会長をはじめ多数の政連役員が参加した。会は、経団連副会長、日本船主協会会長の挨拶に始まり、13か国の在外公館の大使・特使の紹介、オーストリア大使及びハンガリー大使の挨拶、さらには学校法人国士舘理事長の挨拶と続き、参加者の多さもあいまって衛藤議員の豊富で幅広いご人脈がうかがえた。
 来賓の挨拶後、衛藤征士郎議員ご本人から新春の挨拶があり、今後の外交政策、経済政策などにつき所感を述べられた。その後、森政連会長が乾杯の音頭を発した。衛藤議員(自民党、大分2区、外交調査会長)は、公認会計士制度振興国会議員連盟会長として、公認会計士制度の発展にご尽力いただいている議員である。

〒102-8264 東京都千代田区九段南4-4-1 公認会計士会館
Copyright(C) Seiren All Right Reserved