ホーム > 活動報告
日本の会計制度を考えよう!

日本公認会計士政治連盟
〒102-8264
東京都千代田区九段南4-4-1
公認会計士会館
電話:03-3515-1155

活動報告

平成28年12月26日(月)政治連盟四国地方会
「三宅伸吾君と共に日本を元気にする昼食会」に参加

 憲政記念館(千代田区永田町)で開催された三宅伸吾君と共に日本を元気にする昼食会に、政治連盟四国地方会の石川千晶会長及び山田治彦政治連盟幹事長が出席した。三宅伸吾参議院議員(自民、香川)は、日本経済新聞編集委員を経て政界へ挑戦、現在、財政金融委員会理事などに就任され、活躍されている。また、「監査法人の監視・監督のための国際機関(IFIAR)を日本に誘致する議員の会」の発起人である。

平成28年12月20日(火)政治連盟千葉地方会
「たじま要を囲む公認会計士の会」を開催

 「たじま要を囲む公認会計士の会」(会長岡田敏男)第4回通常総会が開催された。たじま要衆議院議員(民進、千葉1区、当選5回)は東大法学部卒業後、NTT・世界銀行などで17年間勤務、1991年米国にて経営学修士(ウォートンMBA)を取得、2003年、第43回衆議院議員選挙で初当選、以来5期目の当選を果たした。現在、民進党エネルギー環境総合調査会事務局長を務める。国政報告ではエネルギー政策を軸の一つとして活動していること、特に原子力災害現地対策本部長として2011年6月から9月の福島での駐在任務は政治家人生の中でも実に貴重な体験であり、可能な限り早期に原発依存を減らし、かつ無くして行くことを目指し、再生可能エネルギーの技術革新と市場拡大にわが国の総力を傾けたいと熱く語られた。また、日本の素晴らしい技術・知見、文化や日本人の精神性は世界に大きな貢献ができること、政治は未来の世代に恥ずかしくない日本を残し、しっかりと引き継いでいくことであり、子どもたちのことを中心に考えていく等、信念のあるゆるぎないメッセージをいただいた。

平成28年12月17日(土)政治連盟中国地方会
「公認会計士による岸田文雄後援会」総会を開催

 リーガロイヤルホテル広島で、「公認会計士による岸田文雄後援会」(会長石橋三千男)の総会及び懇親会が開催された。政治連盟中国地方会 蔵田修会長をはじめ、公認会計士及び事務所スタッフ28名が出席した。岸田文雄衆議院議員(自民、広島1区、当選8回)は、自民党岸田派の長としてまた、現在世界でも2番目に在任期間の長い外務大臣である。オバマ大統領の広島訪問や、プーチン大統領の来日の御膳立て等、存在感をもって大いに活躍されている。国政報告では、山口県の湯本温泉での安部・プーチン会談が2日前に行われたこともあり、北方四島の返還についての現実的な対応策として、一方的な経済支援ではなく双方の協議をもって、北方四島での民間ベースの経済活動を積極的に行っていく為のルールを定めることなど、親しみのあるいつもの笑顔で話をされていた。また、懇親会では、現職の外務大臣と間近に話ができる又と無い機会となり、会員の満足度は相当高いものとなった。

平成28年12月14日(水)政治連盟東京会
「伊藤達也を囲む公認会計士の会」通常総会を開催

 「伊藤達也を囲む公認会計士の会」(玉木國隆会長)第3回通常総会が、新宿プリンスホテルで開催され、公認会計士38名が出席した。伊藤達也衆議院議員(自民、東京22区、当選7回)は、平成16年小泉第二次改造内閣で金融担当大臣に就任された経歴があり、現在は衆議院予算委員会及び地方創生特別委員会等でご活躍中の議員である。総会は高徳信男幹事長の司会で進行し、事業活動報告、役員選任などが審議・承認された。伊藤議員による国政報告では、日本やアメリカの外交政策のほか、党内で中小企業調査会事業承継委員長を務めており、中小企業の重要な課題である事業承継が円滑に進むよう、公認会計士の皆様に様々なご指導をいただきたいと話されていた。

平成28年12月8日(木)政治連盟東京会
「小倉將信を囲む公認会計士の会」設立総会を開催

 「小倉將信を囲む公認会計士の会」設立総会が、アルカディア市ヶ谷で開催され、地元三多摩会から多数の会員が出席した。小倉議員は、東京都第23区(町田市、多摩市)選出の自民党所属の議員であり、1981年生まれ、多摩市出身、東大卒、日本銀行退職後2012年12月の衆議院選挙で初当選、現在2期目、衆議院予算委員会委員、自民党青年局次長兼国際部長としてご活躍中である。設立総会では、囲む会の会長に今村了会員、副会長に岡部雅人会員、幹事長に後藤康彦会員(いずれも三多摩会所属)が選任された。引き続き小倉議員の挨拶と国政報告があり、IR推進法案やご自身が取り組まれているEBPM「Evidence Based Policy Making」(証拠に基づく政策立案)などについてご講演があった。懇親会では、終始和やかな雰囲気の中、小倉議員が各テーブルを廻られ、すべての出席者と懇談されていた。

北海道地方会近況報告
会長 石川信行

 北海道会では従前から政治連盟地方会会長については地域会の会長が兼務しておりましたが、税理士法改正問題の際に顕在化した政治活動の重要性及び地域会会長の負担軽減を鑑み、新執行部から担当副会長が政治連盟地方会会長の任に当たることといたしました。
 税理士法改正問題が落ち着いた現在は政治連盟推薦議員の先生を中心に、当会の新年交礼会等の参加の声がけや、各議員の各種会合への出席・事務所訪問等、日常のコミュニケーションを図っています。
 そのような地道な活動を通して、徐々にではありますが、議員側にとっての公認会計士の認知度も増してきていると感じているところであり、先般も公明党北海道本部と政策協議を行ったところです。北海道会会員のご理解とご協力のもと、引き続き活動を行っていきたいと思います。

東北地方会近況報告
会長 尾形克彦

 昨年6月20日に宮城2区選出の「秋葉賢也衆議院議員を囲む公認会計士の会」を開催した。この会は毎年6月に定例開催され5年を迎えるに至っている。また、宮城1区選出の土井とおる衆議院議員が、公認会計士の業務に係わる重要な役職である自民党財務金融部会長に就任されたことを機会に、11月1日に政策懇談会の発足式を開催した。土井議員は、平成29年度税制改正大綱の取りまとめにご尽力されたことから、本年2月1日に平成29年税制改正大綱に関する政策懇談会を予定している。この政策懇談会には、仙台市議数名の参加も予定されていることから、公認会計士制度と公会計について東北地方会より説明し、理解を深めていただけるものと期待している。
 この他、福島県選出の参議院議員「岩城光英法務大臣を激励する会」、福島2区選出の「根本匠衆議院議員・郡山連合後援会」に県支部会長が出席している。

北陸地方会近況報告
会長 堀 仁志

 衆議院議員橘慶一郎復興副大臣(自民、富山3区、3期目)による国政報告会及び富山県部会員との意見交換会が、平成28年11月27日、高岡市の大野屋で開催され、富山県部会員34名が出席した。橘慶一郎議員は、平成21年第45回衆議院議員総選挙に、富山3区の選挙民のたっての要請を受けて立候補され、自民党に大逆風が吹き荒れる中、見事初当選された。その経歴は、官僚、上場会社の経営者、首長、そして国会議員という非常に珍しく、素晴らしいものであり、各方面から期待が寄せられている。橘慶一郎議員と富山県部会員との国政報告会・意見交換会は3回目であり、毎回公認会計士の興味をひく話をされ、今回も予定の1時間はあっという間に過ぎ、我々の質問にも丁寧にお答えいただいた。その後の橘議員を囲んでの食事と懇談にも気さくにお付き合いいただき、参加者は皆一同に、興奮と感動が冷めやらない様子であった。

平成28年12月5日(月)政治連盟神奈川県会
「浅尾慶一郎を囲む公認会計士の会」通常総会を開催

 「浅尾慶一郎を囲む公認会計士の会」(波多康治会長)第5回通常総会が横浜の崎陽軒本店で開催され、会員等47名が出席した。総会は川上諒子世話人の司会で進められ、久保田博事務局長から会務報告、役員選任などの説明があり、原案どおり承認された。また、「今後の日本経済・世界経済の懸案事項」と題した浅尾議員の講演では、米国大統領選挙の結果から読み取るべきこと、グローバル化による負の側面が表れない政策の必要性など、多くの有意義な話をいただいた。懇親会は、森公高政連会長及び山田治彦政連幹事長の挨拶、清水要吉政連神奈川県会名誉会長の乾杯でスタートした。最後は浅尾議員と森会長が壇上にあがり、高品彰政連神奈川県会会長の「ガンバロウコール」で盛況理に終了した。

平成28年12月2日(金)政治連盟神奈川県会
「参議院議員三原じゅん子さんを励ます会」に参加

 昨夏の参議院議員選挙において神奈川選挙区でトップ当選を果たした三原じゅん子さんを励ます会が、ロイヤルホールヨコハマにて開催された。当政治連盟から「公認会計士による三原じゅん子後援会」の須田均会長をはじめ、神奈川県会の役員など多数が出席した。三原じゅん子議員の挨拶時には当選を祝う拍手にも増して、三原議員の結婚を祝福するお祝いの拍手が暫し鳴り止まなかった。

平成28年11月28日(土)
「わしお英一郎育てる会」に参加

 今年も学士会館(千代田区)において「衆議院議員わしお英一郎育てる会」が開催され、当政治連盟から多くの役員が参加した。公認会計士国会議員の鷲尾英一郎衆議院議員(民進、比例北信越)は、4期目の大ベテラン議員。当日は、蓮舫代表、野田佳彦幹事長など多くの民進党幹部が激励に駆け付けられた。懇談の合間に鷲尾英一郎議員とともに、次回選挙の勝利と益々のご活躍を祈念し、参加者全員で集合写真に納まった。

平成28年11月15日(火)
吉野正芳衆議院議員「福芳会朝食勉強会」に参加

 衆議院東日本復興特別委員長としてご活躍されている吉野正芳衆議院議員(自民、福島5区、当選6回)の「福芳会朝食勉強会」が自民党本部で開催された。当政治連盟から森公高会長をはじめ多くの役員が出席した。吉野議員は、公認会計士制度振興国会議員連盟事務局長、また企業会計小委員会委員長にご就任されている。本日は元毎日新聞記者で、日本外交協会常務理事の長田達治氏から「我が国外交を取り巻く諸情勢」について大変有意義なご講演を拝聴した。

平成28年11月11日(金)北部九州地方会
「古賀あつしを囲む公認会計士の会」通常総会を開催

 ソラリア西鉄ホテルにおいて、北部九州地方会会員が発起設立した「古賀あつしを囲む公認会計士の会」(植田文雄会長)第3期通常総会が開催された。古賀篤衆議院議員(自民党、福岡3区、東京大学在学中に公認会計士第2次試験合格)は、自民党公認会計士制度振興議連に所属されており、国会では総務委員会理事、自民党では厚生労働部会副部会長、総務部会副部会長や青年局次長としてご活躍中である。当日は、TPPや社会福祉法人の監査導入などについてご講演いただいた。古賀議員を囲んでの集合写真を撮影した後、古賀議員と地元会員との懇親会が和やかな雰囲気の中で行われた。

平成28年11月11日(金)政治連盟東京会
「竹谷とし子CPA応援隊」国政報告会開催

 「竹谷としこCPA応援隊」国政報告会が公認会計士会館で開催された。竹谷とし子参議院議員(公認会計士・公明・東京)から、会計・監査に関する国政の動向について、財政の見える化、社会福祉法人法、監査法人のガバナンス・コードなど、パワーポイントで分かりやすく説明していただいた。懇親会は今回も大勢が参加し、にぎやかな懇親会となった。最後の「がんばろうコール」では、満を持して髙橋克典会員が登場、「足は肩幅よりも少し広め、片手は腰に」と見事な口上で、全員が一丸となっての心温まる激励となった。

近畿地方会近況報告
会長 小川泰彦

 近畿会では、従来から複数の会員が国会議員として輩出されているため、他の地域会より公認会計士制度や業界の問題について共有できる環境にありました。公認会計士であり民進党の尾立源幸氏及び公明党の杉久武氏の役割は非常に重要であるとの認識から、いち早く「議員を囲む会」を設立し、日頃からより親密なつきあいを実施してきました。加えて、総務大臣である高市早苗氏にも、自民党政調会長の時代に「議員を囲む会」を設立し、この3年間、フレンドリーなつきあいができたと思っています。先の参議院選挙では尾立源幸氏が落選され、公認会計士としては杉久武氏だけになりましたが、3か月ごとに勉強会を開催しており、「議員を囲む会」として充実した運営がなされています。杉議員は、今回の内閣改造において財務省政務官に就任されましたので、高市総務大臣とともに、「議員を囲む会」から二人が内閣で活躍されおり、政治連盟地方会を預かる立場として、心強い限りです。

東海地方会近況報告
会長 柴田和範

 私が政連活動に取り組むきっかけは、税理士法改正問題でした。それ以前は多くの会員と同じように、公認会計士資格は監査という独占権で守られている権威ある世界共通の国際資格で、税務代理権は当然に保有しているという認識でした。その当時、囲む会の古川元久議員から言われた言葉が忘れられません。「公認会計士は、もう少し国会議員に近づいた方がいいよ。法律を作るのは国会議員だから」。
 既得権益の監査にしても公認会計士法に記載されている条文にすぎません。また、会社法や金融商品取引法等に記載されているから「法定」監査になるのであって、監査の広がりは実は法律の広がりに支えられており、国会議員の先生方のご理解がとても重要なのです。私どもは時間さえあえば議員会館にお邪魔し、コツコツと議員とお会いして顔を覚えていただいています。東海会の渡邉事務局長は秘書の顔も覚えていますので、本当に助かります。
 写真の藤川政人議員は今回、参議院財政金融委員会の委員長となられ、麻生大臣の片腕として活躍しておられます。ご子息は、現在大手監査法人に勤務する公認会計士です。

平成28年10月29日(土)政治連盟四国地方会
「愛媛県公認会計士による塩崎恭久議員を囲む会」設立総会を開催

 松山市伊予鉄会館で「愛媛県公認会計士による塩崎恭久議員を囲む会」の設立総会及び塩崎恭久議員(自民、愛媛1区、厚生労働大臣)との懇親会が開催された。当政治連盟から森公高会長、山田治彦幹事長、四国会から石川千晶会長が出席し、愛媛県部会から計37名の会員・準会員が出席した。武士末研郎会員の開会宣言に続いて、囲む会の規約案・役員案が承認決議され、囲む会会長に就任された池田喜志髙会員から挨拶があった。塩崎議員の国政報告の後、石川四国会会長の乾杯で始まった懇親会では、非常に和やかな雰囲気の中、塩崎議員と親しく酌み交わすことができ、会員にとっては忌憚なく会話をさせていただくという貴重な時間となった。

平成28年10月29日(土)政治連盟近畿地方会
「高市早苗を囲む公認会計士の会」通常総会を開催

 シェラトン都ホテル大阪で「高市早苗を囲む公認会計士の会(森田務会長)」第3回通常総会並びに懇親会が開催された。小川泰彦政治連盟近畿地方会会長をはじめ、公認会計士58名が出席した。高市早苗議員(自民、奈良2区、当選7回)は、現在、総務大臣に就任されており、統一的な基準による地方公会計の整備促進など大いにご活躍されているところである。総会では、当会を政治団体として届け出た旨並びに平成27年度収支報告があり、続いて、高市議員から国政報告が行われた。判例集の通読が趣味とのことや、国会答弁での官僚との資料探しの話など、親しみのある温かい雰囲気での国政報告であった。また、懇親会では、高市議員と会員との懇親を深めることができ、会員相互の懇親をも深めることができた。今後も地元会員をはじめ多くの会員にご協力をお願いし、強力な支援体制を築いてまいりたい。

平成28年10月26日(水)
公明党・日本公認会計士懇話会を開催

 自民党の企業会計に関する小委員会事務局長である小田原潔衆議院議員(東京21区)の励ます会が永田町の「憲政記念館」で開催された。小田原議員は第3次安倍第2次改造内閣において、外務大臣政務官に就任され、政府の一員として外交政策に全力で取り組まれている。
 当政治連盟から、山田治彦幹事長(協会副会長)及び山田眞之助常任幹事(協会常務理事)が出席し、開示制度の充実化などについて懇談的に意見交換した。

東京会近況報告
政治連盟東京会 会長 前原一彦

 現在、政治連盟東京会管轄下では12の囲む会が設立されています。
 その中のひとつが、公認会計士で長野県を地盤とする若林健太氏であり、4月には地元で「長野県公認会計士による若林けんたを囲む会」を設立し、応援して参りましたが、7月の参議院選挙では接戦ながら落選され、大変残念な思いをしました。最近の主な活動状況は以下のとおりです。
4月 菅原一秀を囲む公認会計士の会を設立
5月 竹谷とし子CPA応援隊隊長連絡会議を開催
6月 東京会定期総会懇親会において山田美樹、越智隆雄、菅原一秀、竹谷とし子各議員と交流を深める
7月 第24回参議院選挙で推薦候補者を応援し、6名が当選
  政治連盟東京会定期大会を開催
8月 小倉將信議員と三多摩会の懇親会を開催
9月 萩生田光一議員と三多摩会の懇親会を開催、首相官邸へ表敬訪問
10月 竹谷とし子CPA応援隊朝会を議員会館で開催
11月 竹谷とし子CPA応援隊国政報告会を公認会計士会館で開催
12月 小倉將信を囲む公認会計士の会を設立
  伊藤達也を囲む公認会計士の会を開催。
 また、多くの地区会総会懇親会には地元の国会議員の先生方が出席され、政治連盟の活動はますます活発化しております。今後とも公認会計士制度の充実、拡大にご賛同頂ける議員の先生方を一人でも多く応援していきたいと考えております。

神奈川県会近況報告
政治連盟神奈川県会 会長 高品 彰

 政治連盟神奈川県会は従来から活発に政連活動を行っています。また域内には有力な政治家を多く輩出しており、諸先輩の方々の努力により長年にわたり良好な関係を築いています。活動が活発になった契機は3年前の税理士法改正問題であります。このとき執行部は手分けして議員会館を回り理解を求めに奔走したことは記憶に新しいことであり、その時、日常の付き合いが重要であることを知りました。囲む会も会員の皆様の尽力により7会を数えるようになり、また若い会員も参加してくれるようになり、裾野が広がっているのが実感されます。また議員主催の励ます会への参加や、県会事務所に来会される議員との懇談が増え、距離感が一層縮まってきている感じがします。今後も立法府である国会議員の先生方とのコミュニケーションを密にし、公認会計士制度の発展のため尽力していきたいと思っております。神奈川県会の会員の皆様の政連活動に対するご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

平成28年10月20日(木)
「小田原きよし君を励ます会」に参加

 自民党の企業会計に関する小委員会事務局長である小田原潔衆議院議員(東京21区)の励ます会が永田町の「憲政記念館」で開催された。小田原議員は第3次安倍第2次改造内閣において、外務大臣政務官に就任され、政府の一員として外交政策に全力で取り組まれている。
 当政治連盟から、山田治彦幹事長(協会副会長)及び山田眞之助常任幹事(協会常務理事)が出席し、開示制度の充実化などについて懇談的に意見交換した。

平成28年10月14日(金)政治連盟埼玉地方会
「村井英樹を囲む公認会計士の会」設立総会を開催

 「村井英樹議員を囲む公認会計士の会」設立総会が浦和ロイヤルパインズホテルで開催された。村井ひでき衆議院議員(埼玉1区2期目、財務省出身)は、今年36歳という自由民主党史上最年少の若さで副幹事長に就任し、中小企業施策をライフワークとしながら、衆議院厚生労働委員会、文部科学部会など幅広い分野で活躍されている。
 総会は和やかなムードで進行し、若手の公認会計士も多く参加して活気のある会となった。役員も若手を中心に、会長に久保直生氏、幹事長に青山裕之氏、多数の幹事・顧問が選任された。埼玉一区は東京都や埼玉県で活動する公認会計士が多く在住する地域である。囲む会では地元会員をはじめ、多くの会員に、議員との交流・情報交換の場を提供しながら、支援を呼びかけでいく方針である。

平成28年10月11日(火)
牧島かれん衆議院議員が来会

 自民党「団体総局財政・金融・証券関係団体委員長」の牧島かれん衆議院議員が委員長就任ご挨拶のため来会された。牧島かれん衆議院議員(神奈川17区、当選2回)は、内閣府大臣政務官(金融)就任中の本年7月に帝国ホテルで開催した日本公認会計士協会定期総会にご臨席いただき、ご祝辞を頂戴したところである。関根愛子新会長はじめ協会新執行部との顔合わせは本日が初めてであり、総会ご臨席の御礼とともに、協会の諸課題などについて懇談的に意見交換した。

平成28年9月27日(火)
衛藤征士郎「Early Bird Seminar」に参加

 帝国ホテル「光の間」午前8時、第185回衛藤征士郎「Early Bird Seminar」が開催された。当政治連盟から関根愛子特別顧問(協会会長)、海野正副幹事長(協会専務理事)及び北方宏樹副幹事長(協会常務理事)の3名が参加した。朝早くにも関わらず、「光の間」は参加者で溢れていた。衛藤征士郎衆議院議員(大分2区、当選11回)は公認会計士制度推進議員連盟の会長であり、当セミナーには政治連盟から毎回参加している。今回の講師は、自由民主党幹事長二階俊博先生(和歌山3区、当選11回)であり、また昨日26日に臨時国会が始まったところであるため、多くの参加者が憲法改正、北方領土、TPPなどホットな話題を期待したのではないか。セミナー終了後、衛藤議員及び二階議員それぞれと挨拶を交わし、意見交換した。

平成28年9月24日(土)政治連盟南九州地方会
「野田たけしを囲む公認会計士の会」通常総会開催

 「野田たけしを囲む公認会計士の会」第3回通常総会がホテル日航熊本において開催され、会員等32名が出席した。
 総会は、吉川幹事長の進行により、まず林田会長の挨拶の後議事に入り、①平成27年事業活動報告、②同会計報告(会計監査報告)、③規約改正案(幹事増員)及び④次期役員候補の各議案が提案され、原案どおり承認された。その後、野田毅議員のご挨拶及び国政報告があり、税制改正や社会保障制度、社会福祉法人、さらに臨時国会や国際情勢など貴重なお話しをいただいた。
 懇親会では、吉永幹事の進行のもと、まず荒木副会長の開会挨拶の後、森政治連盟会長にご挨拶をいただき、岩切顧問(南九州地方会会長)の乾杯のご発声でスタートした。懇親会の最中、野田議員は最近の国会情勢等を話されたあと各テーブルを回ってお一人ずつ親しく歓談された。非常に和やかな雰囲気の中で、最後に飯村監事と野田議員、森政連会長、林田会長、吉川幹事長が壇上に揃って「ガンバロウコール」を行い、貞閑顧問(南九州会会長)の挨拶で盛況裡に閉会となった。

平成28年9月8日(木)
公認会計士国会議員武村展英衆議院議員を表敬訪問

 公認会計士国会議員の武村展英衆議院議員(滋賀3区)を表敬のため、衆議院第一議員会館を訪ねた。武村議員は草津市出身、平成15年公認会計士試験に合格、大手監査法人へ入所、平成24年12月の第46回衆議院議員総選挙で初当選、平成26年12月の第47回衆議院議員総選挙で2期目の当選、平成28年8月の第3次安倍第2次改造内閣で内閣府大臣政務官(金融)に就任、現在、公認会計士の知見と経験を大いに発揮され、様々な課題に取り組まれている。森公高政連会長、武内清信副会長、山田治彦幹事長、井上東幹事長代行の4名が訪問し、会計監査の信頼性の回復と向上、財務情報開示の一元化などについて意見交換した。

平成28年8月31日(水)政治連盟東京会
三多摩会と小倉將信衆議院議員との懇談会を開催

 東京都立川市の東京会三多摩会事務所において「三多摩会と小倉將信衆議院議員との懇談会」を開催した。小倉將信議員の選挙区(東京23区)である町田市・多摩市を中心に13名の会員が参加した。議員から行政改革をテーマにEBPM(証拠に基づく政策立案)の推進を中心に国政報告が行われ、懇親会では会員との活発な意見交換が行われた。
 今後は、三多摩会が中心となり小倉將信議員の囲む会を設立し、支援の輪を拡大していく予定である。

平成28年8月8日(月)
夏の議員会館挨拶廻り

 夏の議員会館挨拶廻りを実施した。衆議院議員、参議院議員の多数の事務所を4班に分かれて訪問。協会役員及び政連役員の交代挨拶とともに、本年10月12日に開催される政連パーティの案内を兼ねて挨拶回りを行った。初めに参議院会館を回り、次は隣の衆議院第二議員会館へ移動、そして最後に衆議院第一議員会館へ回っていく。
 1班は関根愛子協会会長、森公高政連会長、山田治彦幹事長、2班は鈴木昌治副会長、海野正副幹事長、湯川喜雄副幹事長、3班は柳澤義一副会長、淺井万冨副会長、前原一彦副会長、4班は井上東幹事長代行、北方宏樹副幹事長に分かれて行った。国会が閉会中であり、ほとんどの議員が地元へ入られているとのことであったが、5名の議員にお会いすることができ、日本公認会計士協会の近況などについてご報告させていただいた。

平成28年7月6日、12日、20日、27日
国会議員と意見交換

 鷲尾英一郎衆議院議員(公認会計士、比例北信越、当選4)、竹谷とし子参議院議員(公認会計士、東京、当選2)、若林健太参議院議員(公認会計士、長野、当選1)及び北村経夫参議院議員(比例、当選1)が次々と来会され、協会役員と懇談、日本公認会計士協会が抱える課題や施策、議員の今後の抱負等について意見交換を行った。
 鷲尾議員は前回選挙時の102票の悔しさを、竹谷議員はこれからの6年間を、若林議員は50万票の支持者の期待を、北村議員は関根愛子新会長を前に女性活躍推進、中小企業支援などを語られた。

平成28年6月17日(金)政治連盟神奈川県会
「中西けんじを囲む公認会計士の会」通常総会を開催

 ホテル横浜キャメロットジャパンにおいて、「中西けんじを囲む公認会計士の会」第4回通常総会が開催された。中川隆之囲む会会長をはじめ、多くの囲む会のメンバーが出席した。中西健治参議院議員(無所属、神奈川県選挙区)は今回の参議院選挙に自民党の推薦を受け、無所属で出馬される。黒田政連会長から、神奈川県会及び囲む会と連携を図り、大勝利に向けてしっかりと支援させていただくとの強いメッセージとともに、日本公認会計士政治連盟の推薦状が中西議員へ手渡された。中西議員から、待機児童の問題など様々な重要な課題があり、どれもこれも解決しなければならない重要な課題であるが、経済の再生が一番の重要課題であると思う。長年にわたってデフレが続き、経済が低迷し、あきらめ感が日本中に充満しているが、ピンチはチャンスであり、経済の立て直しを最優先課題として取り組んでまいりたいと決意のほどが述べられた。

平成28年6月14日(火)政治連盟東北地方会
衛藤征士郎議連会長と福島県会会員、役員が意見交換

 日本公認会計士協会福島県会(郡山市)に、公認会計士制度振興国会議員連盟会長の衛藤征士郎衆議院議員が初訪問。福島県会の会員、役員が出席し、公認会計士を取りまく諸課題、参議院選挙の情勢などについて懇談的に意見交換を行った。また、9月16日、日本公認会計士協会研究大会を郡山市で開催する予定であり、全国から千名近い公認会計士、準会員を集め、東北復興への一大イベントにしたいとの思いが伝えられた。(出席者:後列左から大出隆秀監事、阿部哲、渡辺和栄常任幹事、前列左から荒井伊佐男、上石三好、衛藤征士郎代議士、橋本寿前福島県会長、菅家惣一郎幹事)

平成28年6月12日(日)政治連盟神奈川県会
塩崎恭久厚生労働大臣と神奈川県会会員、役員が意見交換

「日本公認会計士協会神奈川県会事務局(横浜市)に、塩崎恭久厚生労働大臣をはじめ、小此木八郎衆議院議員、島村大参議院議員などが訪問された。神奈川県会の会員、役員が多数応対し、公認会計士を取りまく諸課題、参議院選挙の情勢などについて意見交換を行った。

平成28年6月6日(月)政治連盟北部九州地方会
「衆議院議員古賀篤国政報告会2016」に参加

 福岡市天神のエルガーラホールにおいて、「衆議院議員古賀篤国政報告会2016」が開催された。古賀篤衆議院議員(自民、福岡3区、会計士補)は、総務大臣政務官兼内閣府大臣政務官の立場で政府の一員としてご活躍中であり、政治連盟北部九州地方会から森行一会長をはじめ5名が出席し、古賀議員と懇談的に意見交換を行った。

平成28年5月31日(火)
衆議院議員わしお英一郎「出版記念パーティ」に参加

「全身政治家」(幻冬舎)が本年1月に出版された。著者は公認会計士国会議員のわしお英一郎衆議院議員(比例北信越、民進)である。その出版記念パーティが学士会館において開催され、当政治連盟から多数の役員が参加した。衆参同日選挙があるかも知れないとの噂さであったが、参議院選挙一本に絞られるとの観測が広まった中での開催であった。鷲尾英一郎議員から、前回の選挙では102票の差で勝利することができず、悔しい思いをした。次はなんとしてでも選挙区で勝利したい。自身の政治信条、政策を貫くためにも必ず選挙区で勝たねばならないと力強くスピーチされた。著書の「全身政治家」で、いかなる政治状況にあっても不動心を持ち続け、党内をまとめ、日本の行く末にとって重要な決断を行い、国民を巻き込んでいく「深沈厚重」なる人物を目指したいと述べられている。今後も当政治連盟は東京イーグル会とも連携を図り、支援を強化していきます。地元新潟の会員・準会員の皆様のご協力をお願いいたします。

平成28年5月19日(木)
第27回年次特別セミナー「衆議院議員衛藤征士郎君を囲む会」に参加

 第27回年次特別セミナー「衆議院議員衛藤征士郎君を囲む会」が都内ホテルにおいて開催された。自民党高村副総裁、谷垣幹事長、稲田政調会長等の挨拶に続き、衛藤征士郎衆議院議員(大分2区、公認会計士制度振興国会議員連盟会長)からご挨拶があった。衆参同等に一院制国民会議創設への実現、法人税の国際比較、引き下げ効果などについて話をされた。引き続き、黒田政連会長が挨拶乾杯を行った。当政治連盟から多くの役員が出席し、衛藤議員と意見交換し、懇親を深めた。

平成28年4月14日(木)
「古川俊治国政報告会」

 「古川俊治国政報告会」が都市センターホテルで開催された。古川俊治参議院議員(自民党、埼玉県)は、医師・弁護士・大学教授としての豊かな経験と見識を活かし、医療、福祉、科学技術など多岐に亘る分野で活躍されており、2期目の参議院議員活動に全力を尽くされている。当日は「公認会計士による古川俊治後援会」(会長坂本隆信、幹事長土屋文実男)のメンバーをはじめ、本部政連役員等も多く参加し、古川議員との懇親を深めることができた。

平成28年4月8日(金)政治連盟東京会
「菅原一秀を囲む公認会計士の会」設立総会を開催

 「菅原一秀を囲む公認会計士の会」設立総会が地元の練馬区立産業プラザで開催された。菅原一秀議員は自民党所属の衆議院議員(東京9区、当選5回)であり、財務副大臣、衆議院財務金融委員会筆頭理事を務められた経験を持ち、現在は衆議院予算委員会理事として、大いに活躍されている。設立総会では、会長に小貫裕文氏、副会長に萩野うたみ氏、幹事長に本橋清彦氏が選任された他、多数の幹事が選任された。
 役員を代表し、小貫会長から、今後もより多くの在住会員の方々にご参加いただき、菅原議員の素顔に直接触れていただけるよう、囲む会の活動を展開してまいりたいとの挨拶があった。

平成28年4月6日(水)
「若林けんた君を励ます会」に参加

 東京の都市センターホテルにおいて、「若林けんた君を励ます会」が開催された。公認会計士国会議員の若林けんた参議院議員は、自民党長野県選挙区公認候補者として今夏の参議院選挙に立候補の予定である。長野県選挙区は二人区から一人区へ変更。今回は必ず一位でならねばならない。
 当日の励ます会には、長野県公認会計士による若林けんたを囲む会の上野紘志会長、公認会計士による若林健太後援会の奥山章雄会長をはじめ、当政治連盟役員など多くの公認会計士が激励に駆け付けた。若林けんた議員は外務大臣政務官、財政金融委員会筆頭理事などを歴任され、現在は参議院農林水産委員会委員長として大いに活躍されている。

平成28年4月6日(水)
「うえの賢一郎議員を表敬訪問

 自民党財務金融部会長、うえの賢一郎衆議院議員(滋賀2区)を衆議院第一議員会館の事務所に、森公高協会会長と鈴木昌治政連幹事長(協会副会長)が表敬訪問し、会計監査の信頼性確保に向けた諸課題や、会社法、金商法の開示制度一元化について説明し、理解を求めた。

平成28年4月2日(土)政治連盟東京会
「長野県公認会計士による若林けんたを囲む会」設立総会を開催

 「長野県公認会計士による若林けんたを囲む会」設立総会が松本市内のホテルブエナビスタで開催された。長野県会の役員をはじめ、松本市、長野市などから多数の公認会計士が出席した。また、奥山章雄東京後援会会長、政治連盟本部役員、東京会役員も多数応援に駆け付けた。囲む会の会長に上野紘志氏、副会長に山中崇氏、幹事長に福井利幸氏が選任されたほか、約50名におよぶ幹事が選任された。公認会計士国会議員の若林けんた参議院議員(長野県選挙区)は、現在、参議院農林水産委員会委員長に就任され、大いに活躍されている。当日は当政治連から今夏に予定されている参議院選挙の推薦状が手渡された。

平成28年3月30日(水)政治連盟北海道地方会
衛藤征士郎議連会長と北海道会役員が意見交換

 日本公認会計士協会北海道会事務局(札幌市)に、公認会計士制度振興国会議員連盟会長の衛藤征士郎衆議院議員が初訪問。北海道会の役員(写真左から)酒井純相談役、富樫正浩副会長、(衛藤征士郎議連会長)、石若保志北海道会会長、石川信行副会長が出席し、地元経済状況や公認会計士を取りまく諸課題について懇談的に意見交換を行った。

平成28年3月22日(火)政治連盟東京会
「越智隆雄を囲む公認会計士の会」設立総会を開催

 「越智隆雄を囲む公認会計士の会」設立総会がアルカディア市ヶ谷で開催された。越智隆雄議員は自民党所属の衆議院議員(東京6区、当選3回)であり、内閣府大臣政務官を務められた経験を持ち、現在は自由民主党国会対策副委員長、衆議院財務金融委員会委員等として、大いに活躍されている。設立総会では、囲む会の会長に毛利優氏、会長代行に尾内正道氏、幹事長に尾﨑昌宏氏、副幹事長に冨田建氏が選任された他、多数の幹事が選任された。東京6区の世田谷区は、会員・準会員がもっとも多く在住する地域であり、今後もより多くの方々に囲む会にご参加いただけるよう、活動してまいります。

平成28年3月18日(金)政治連盟北陸地方会
馳浩文部科学大臣を北陸会会長が表敬訪問

 日本公認会計士協会北陸会(金沢市)の松木浩一会長が馳浩文部科学大臣を表敬訪問した。本部から山田治彦副会長が同行した。馳浩文部科学大臣(衆議院議員、石川1区、当選6回)は、元プロレスラーとして知られており、平成7年の参院選で初当選、文部科学政務官、文部科学副大臣を歴任され、現在の文部科学大臣として大いに活躍されている。小学生から社会人まで、一貫した会計教育体系の構築が日本再興に必要であるなど、懇談的に話を聞いていただいた。

平成28年3月15日(火)
古川元久衆議院議員と意見交換

 古川元久衆議院議員(民進、愛知2区)と公認会計士会館において意見交換した。森協会会長、黒田政連会長、鈴木幹事長及び海野幹事長代行が出席し、東芝事案、参議院選挙、開示制度一元化などについて懇談的に話し合った。

平成28年3月5日(土)政治連盟近畿地方会
「おだち源幸を囲む公認会計士の会」開催

 「おだち源幸を囲む公認会計士の会」が大阪市内のホテルで開催され、岩井伸太郎囲む会会長をはじめ、公認会計士59名が出席した。おだち源幸参議院議員(民主党、大阪府選挙区)は、公認会計士国会議員であり、公認会計士制度推進議員連盟幹事長をはじめ、大阪府総支部連合会代表など党の要職に就かれている。「ほっとかれへん!大阪」をキャッチフレーズに、地元大阪と東京を行き来され、2期目の参議院議員活動に全力を尽くされている。国政報告では、大学生の奨学金問題や民主と維新の結党問題などについてご講演をいただいた。今夏に3期目の参議院選挙を迎え、囲む会として、公認会計士・おだち源幸参議院議員を今まで以上に応援していく決意である。

平成28年2月18日(木)政治連盟東京会
「公認会計士による古川俊治後援会」開催

 「公認会計士による古川俊治後援会」がさいたま市で開催され、坂本隆信後援会会長、土屋文実男幹事長をはじめ、多数の埼玉県会所属の会員と政連役員が出席した。古川俊治参議院議員(自民党、埼玉県選挙区)は、ご紹介するまでもなく医師・弁護士であり、医療、福祉、科学技術など多岐に亘る分野で活躍されている。今後もますます多くの埼玉県会所属の会員にご参加いただき、地元古川俊治議員に対する支援の輪を拡大してまいります。

平成28年2月18日(木)
公認会計士国会議員・若林けんた参議院議員「健政会セミナー」に参加

 午前8時、健政会朝食会セミナーが都市センターホテルにおいて開催された。公認会計士国会議員の若林健太参議院議員(自民、長野、1964年生まれ、平成2年公認会計士登録)は、現在、参議院・農林水産委員会委員長に就任されており、国政において大いに活躍されている。今夏の参議院選挙では、長野県選挙区は2人区から1人区となり、厳しい選挙戦が予想されている。1番でなくてはならない。長野県会、東京後援会の強固な連携が必要である。なにとぞご理解をお願いいたします。

平成28年2月16日(火)
公認会計士国会議員・鷲尾英一郎衆議院議員と意見交換

 公認会計士会館(千代田区)において、公認会計士国会議員の鷲尾英一郎衆議院議員(民主、比例北信越)と森協会会長、黒田政連会長、鈴木幹事長、海野幹事長代行とが3月に予定されている民主党・公認会計士制度推進議員連盟総会のテーマ等について意見交換を行った。なお、鷲尾議員は、本年1月5日に「全身政治家」の著書を幻冬舎から出版され、その出版記念パーティが5月31日、学士会館で予定されている。多くの会員の参加をお願いいたします。

平成28年1月28日(木)
自民党「公認会計士制度振興国会議員連盟」開催

 公認会計士制度振興国会議員連盟総会が1月28日、午前8時、永田町の自民党本部で開催された。衛藤征士郎会長をはじめ、伊吹文明会長代行など多数の議連所属国会議員が出席した。東芝事案に対する日本公認会計士協会の対応について森公高会長から報告・説明が行われ、その後、各議員から様々な意見が出された。会社ぐるみの隠ぺいを見抜くことは難しい、監査に限界があるのでは、経営者の罰則強化を求めてはどうか、監査役は何をしていたのか、なぜ上場廃止にならないのか、公認会計士が襟を正すだけで事件は防げるのかなど、厳しい意見が続出した。最後に衛藤会長より、監査の強化、ガバナンスの問題に議連として正面から取り組みたい。議連に小委員会を立ち上げ、新たな法規制の必要性などについても検討したいと締め括られた。
「公認会計士監査拡充委員会」設置される
 1月28日の公認会計士制度振興国会議員連盟総会の審議を受け、小委員会として、「公認会計士監査拡充委員会」が設置された。現在、集中的に会合を開催し、新たな対応について審議中である。構成員は以下のとおり。

顧   問
伊吹 文明議員(衆/京都1区)、衛藤 征士郎議員(衆/大分2区)
委 員 長
野田  毅議員(衆/熊本2区)
事 務 局 長
吉野 正芳議員(衆/福島5区)
委   員
竹下  亘議員(衆/島根2区)、中川 雅治議員(参/東京)
西田 昌司議員(参/京都)、若林 健太議員(参/長野)

平成28年1月25日(月)
魚住裕一郎参議院議員と意見交換

 公明党の魚住裕一郎参議院議員(日本公認会計士懇話会会長)が来会された。森協会会長、黒田政連会長、鈴木幹事長、海野幹事長代行とともに、東芝事案や今夏の参議院選挙等について意見交換が行われた。魚住議員から今夏の参議院選挙では、竹谷とし子議員(公認会計士・東京選挙区)をはじめ、7選挙区に候補者を擁立することとなった。あらためて協力をお願いしたいとの要請があった。

平成28年1月23日(土)
東京会三多摩会新年会で地元国会議員と意見交換

 パレスホテル立川において、東京会三多摩会の新年会が開催された。井上信治衆議院議員(東京25区)、土屋正忠衆議院議員(東京18区)、小田原潔衆議院議員(東京21区)、松本洋平衆議院議員(東京19区)が出席され、地元会員との一層の交流が図られた。

平成28年1月21日(木)
衆議院議員「衛藤征士郎君を囲む新春賀詞交歓会」に参加

 午後6時、都内ホテルにおいて、衆議院議員「衛藤征士郎君を囲む新春賀詞交歓会」が開催された。衛藤議員(大分2区)は公認会計士制度振興国会議員連盟の会長であり、当政治連盟から多数の役員が出席した。当日は来賓として多数の外国大使が招待され、檀上にて紹介があった。その中、黒田政連会長に乾杯のご指名があり、日頃のご厚誼への感謝とともにますますのご活躍を祈念し、力強く乾杯の発声が行われた。

〒102-8264 東京都千代田区九段南4-4-1 公認会計士会館
Copyright(C) Seiren All Right Reserved